月別アーカイブ: 2015年7月

複数ファイルをまとめて置換


OSXで、複数のファイルを同時に置換する。

一行での置換は、簡単にできるけど、改行込みでの置換をする方法として、

LF=$(printf '\\\012_')
LF=${LF%_}

改行コードを環境変数に代入して

以下の例は、HTMLの</head>のタグの前にまとめて改行込みのコードを入れる例になります。

grep -rl "</head>" . | xargs sed -i "" "s/\<\/head\>/\<script\>$LF (function(){$LF})$LF\<\/script\>$LF\<\/head\>/g"

上記のコマンドで、一括で、

</head>

を以下の用に置換します。

<script>
(function(){
})
</script>
</head>


CentOSをLinux Kernel 3.8 に更新してみる


カーネルソースをダウンロード
https://www.kernel.org/

# tar zxvf linux-3.18.17.tar.gz

旧バージョンの設定をそのまま一旦持ってくる。
# cp /boot/config-2.6.32-504.16.2.el6.x86_64 ./.config

# make oldconfig
とりあえず何があるか把握してないので、ひたすらデフォルトでEnter!!!
1000項目ぐらいあるんじゃないかな?ってぐらい項目あります。

# make
コンパイル!!!

なんかエラッた
/bin/sh: bc: command not found
make[2]: *** [kernel/time/timeconst.h] Error 127
make[1]: *** [kernel/time] Error 2
make: *** [kernel] Error 2

# yum install bc

もっかい
# make

# make modules_install

# make install

# name -r
2.6.32-504.16.2.el6.x86_64

# vi /boot/grub/grub.conf
====
title CentOS (3.18.17)
root (hd0,0)
kernel /boot/vmlinuz-3.18.17 ro root=/dev/vda1 rd_NO_LUKS rd_NO_LVM rd_NO_MD rd_NO_DM LANG=en_US.UTF-8 SYSFONT=latarcyrheb-sun16 KEYBOARDTYPE=pc KEYTABLE=us crashkernel=auto
initrd /boot/initramfs-3.18.17.img
====
が追加されてる事を確認

– default = 1
+ default = 0

# reboot

# uname -r
3.18.17

念のため
/etc/yum.repos.d
こいつのしたのファイルに
+ exclude=kernel*
を追加